女性の人生設計

女性が現代の日本でキャリアを積もうと考えると、それこそ男性より努力が必要になると思います。
「女性は結婚や出産で会社を辞めることになるから役職には置けない」と考える企業も多いので、男性より役職につける可能性が低いのです。
いくら自分がその気で頑張っても、周りが認めてくれないことがあるのが現実です。
日本はまだまだ、子持ちの女性の仕事をサポートする体制が十分ではありません。子育てしながら働くのには、とても大変なことがたくさんあります。
そんな中で女性が仕事を頑張りキャリアを積むにはどうすればいいのかというと、まずは自分の人生設計を立ててみることから始めるべきです。
22歳で大学を卒業して就職して、「何歳で結婚して何歳で子どもを産むのか」「何人産みたいのか」「そもそも結婚するのか」「子どもが欲しいのか」など、考えてみるといいでしょう。
もちろん相手があることの話なので自分1人で決められるものではありませんが、何の想定もなく生きていくのは不安定です。
そうして考えてみると分かることがあります。
ちょうど仕事にも慣れて大きな仕事を任されるようになったり、チームのリーダーなどを経験する時期と結婚や出産に適している時期が同じくらいなのです。
つまりは、30歳前後ということです。
一生独身で行くなら仕事に邁進するだけですが、例えば30歳までに結婚したいと思っている人は、その1年位前までには相手と出会っていなければならなりません。
また子どもが欲しいのであれば、会社でしっかりとキャリアを積んでおいて復帰しやすい環境を作っておくことが必要です。
特に女性はこういったことを考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[Top]